のりぴーの徒然日記

貴方のお悩み事や知りたいことを独自の視点で分析します!

2歳のイヤイヤ期に暴れる赤ちゃんへの対処

2歳前後の子供には「イヤイヤ期」という時期がほとんどのお子様で見られます。

この時期というのは子供にとってはとても大事な時期で、脳と心の発達には欠かせない

ものです。

 

イヤイヤ期は、自我の発達によって現れ、自分の意思を主張し始め、自分で何でもやり

たがるようになります。

 

イヤイヤ期が大変な亊から「魔の2歳児」とも呼ばれます。

イヤイヤ期が始まる時期は個人差があります。

 

1歳児から始まる場合や、3歳になっても続いている場合など、様々です。

イヤイヤ期は自分の気持ちを言葉でしっかりと伝えられるようになってくると徐々に落

ち着き始めます。

 

イヤイヤ期の主な原因とは?

 

自分の思ったような結果にならない事や、自分で出来ない事に対して不満やイライラと

した感情からくる亊が原因の1つとして考えられます。

 

気持ちをうまく表現できずに嫌だという気持ちを言葉で上手く伝えられず、言動で大人

の気を引こうとする亊も原因の1つです。

 

さらに、2歳前後の子供には「疲れた」「暑い・寒い」「眠い」などの体の不調や不快

感を表現できずに「イヤ」といった言動を取るのも原因の1つとして考えられます。

 

イヤイヤを繰り返して、好きを見つける自分探しの時期でもあります。

「これは違う」などのイヤイヤを繰り返していくうちに、自分の好きな物や自分がした

い亊を少しずつ分かるようになってくるものです。

このように自分探しの時期であるということを頭に入れておきましょう。

 

イヤイヤ期で暴れる子供

 

イヤイヤ期では子供によって癇癪が激しい子もいます。

癇癪とは、激しく奇声を発したり、物を投げたり、叩いたり、床にひっくり返って泣き

わめいたりするような状態が見られることです。

 

過度な場合だと自傷行為や、物を壊してしまうなどの行動が見られます。

癇癪は、普段おとなしく過ごしていた子供にも現れる亊があり、気持ちのコントロール

が上手くできない時に現れるのです。

 

癇癪を起させないように気を付ける亊

 

◆ 事前に声がけをする

遊んでいる最中などに突然中断させられると子供にとってはストレスで、癇癪を起こす

原因となります。

 

なので「〇〇したら、お菓子を食べようね」など次の行動をしっかりと伝える亊で子供

も切り替えをするための心の準備をします。

 

癇癪を起している子供への接し方

 

気持ちを代弁する

言葉がまだ話せない幼児であっても、その時の気持ちを言葉で代弁して子供に伝えてあ

げることがとても大切な亊です。

 

例えば、おもちゃを貸して欲しくて泣き喚いている時には、『そういう時は泣かないで

「貸して」って言ってみようか』などと子供の気持ちを代弁して繰り返して教えてみま

しょう。

繰り返し教えていく事で、ルールと言葉を覚えていきます。

 

子供の気持ちに寄り添う

何で癇癪を起しているのか原因が分かったら子供の気持ちに寄り添う事が大事です。

例えば、もっと遊びたくて癇癪を起してしまっている場合には、「もっと遊びたいよ

ね」という風に理解してあげて気持ちに寄り添います。

 

こういった時には、「もう片付けないとダメだから遊んでいてはダメ!」という風に叱

ってしまうのはあまりよくありません。

 

「遊びたい」気持ちを理解しながら子供に接することが大事です。

お片付けをしないと怒られると思わせずに、お片付けをすると褒められるという状態に

してあげることで、子供は嬉しい気持ちになり自己肯定感も高まります。

 

自己肯定感が高まると自分や周りの人に対しての思いやりをもって優しく接することが

できるようになるのです。

 

そして、褒めてあげる亊でチャレンジ精神や自主性も育ちます。

また褒められたいという気持ちになるために自分からお片付けをしたりすることが期待

できます。

 

落ち着くまで見守る

激しく癇癪を起してしまうと本人自身でも止められなくなり、突発的な行動をしてしま

う事もあるので危険がないように見守ります。

 

そして、落ち着いたら「どうしたかったの?」などと優しく聞いてあげましょう。

必要以上に声がけをしたり注意したりせずに落ち着くまで待ってあげることも大事で

す。

 

無視をしない

お子様の癇癪にイライラしたり怒ったり、その場を離れる亊はやめましょう。

癇癪を起している時にそういった態度を取っていると、お母さんやお父さんに何か伝え

ようとしているお子様の声に耳を塞いでいることになります。

 

お子様が何を言っても聞いてもらえないと思ってしまうと、人に気持ちを伝えようとす

る亊を諦めてしまうようになってしまいます。

 

お子様がそうなってしまわない為に、怒ったり無視したくなる気持ちを我慢して寄り添

ってあげましょう。

 

落ち着けた亊を褒めてあげる

お子様の癇癪がおさまって落ち着いてきたら、しっかりと褒めてあげる亊が大切です。

褒めてあげる亊で子供は喜び・安心感を抱くので、癇癪をやめると嬉しい亊があると思

い、これからの予防に繋がります。

 

物で釣らない

お菓子やおもちゃで気を引いてお子様の癇癪を抑えてしまうと、癇癪を起すといい亊が

あると思わせてしまうため、繰り返しの原因になってしまいます。

 

以上、参考になりましたら幸いです。