のりぴーの徒然日記

貴方のお悩み事や知りたいことを独自の視点で分析します!

お宮参りが夏の場合、おすすめの服装は?

お宮参りとは?

赤ちゃんの誕生から1ヶ月前後に神社の神様にお参りします。

赤ちゃんが無事に生まれたことの報告と感謝、今後の健やかな成長を願っておこなわれ

る日本の伝統行事です。

 

 

お宮参りに行くべき時期

一般的には1ヶ月前後ですが、体調や気候によっては難しい可能性もあります。

生後3ヶ月後ぐらいまでなら日程をずらしても大丈夫といえます。

生まれたばかりの赤ちゃんや産後のお母さんにとって真夏と真冬の外出は過酷なもので

す。

気候が落ち着いた頃を見計らって、お宮参りの時期を決めるのもいいと思います。

 

 

お宮参りと六曜の関係

お宮参りの日程を決める際に、「六曜」を気にする方も少なくはないでしょう。

六曜というのは、中国で生まれた考え方で「その日の吉凶を占う指標」です。

六曜には、大安・先勝・友引・仏滅・先負・赤口6種類が存在し、お宮参りには大

安・先勝・友引がおすすめです。

 

しかし、しきたりや六曜にとらわれ過ぎずに、都合の良い日程や赤ちゃんやお母さんの

体調に合わせ無理のないお宮参りの予定を立てましょう。

 

●大安

1日を通して吉」とされる日です。

六曜の中では1番にお宮参りに適しています。

 

●先勝

「午前は吉・午後は凶」とされる日です。

午前中の参拝がおすすめです。

 

●友引

「朝と夕方は吉・昼は凶」とされる日です。

お祝いごとには向いている日で午前中の参拝がおすすめです。

 

●仏滅

1日を通して凶」とされる日です。

お祝いごとには避けられやすい日になります。

 

●先負

「午前は凶・午後は吉」とされる日です。

午後からお宮参りに出かけるのならば、この日を選んでも問題ありません。

 

赤口

「午前11時~午後1時は吉・それ以外は大凶」とされる日です。

仏滅よりも縁起が悪いとされていますが、正午付近は吉となります。

 

 

夏のお宮参り赤ちゃんの服装

お宮参りの時の赤ちゃんの服装は、「内着」を着せてから「着物」(祝い着)に包まれ

ることが一般的です。

 

しかし真夏の気温が高い時にずっと祝い着に包まれていると熱がこもってしまうので、

お参りの時だけ包むなどとなるべく風通しの良い恰好にしてあげるように心がけましょ

う。

 

また内着の素材にも気をつけ、肌着はガーゼ素材の物を選び、上から着るカバーオールやセレモニードレスなどは風通しの良い素材を選んであげましょう。

 

 

夏のお宮参りのお母さんの服装

7月、8月にお宮参りの予定の場合は、気温が高く赤ちゃんだけではなく出産後のお母

さんの体温調整も普段以上に気をつけなければなりません。

 

昔からお馴染みの着物を着用している方も多いですが、赤ちゃんの正装に合わせて着物

を必ず着るという決まりはありません。

夏用のワンピースや薄手のスーツがおすすめです。

 

ワンピースには、授乳ができるタイプのものもあります。

足元はミュールやサンダルなどのつま先が出るものは避け、露出が少なく通気性の良い

恰好を意識して用意しましょう。

 

また行くまでの電車である場合や食事の際には、冷房の効いた室内に入る事も考え、

ャケットやカーディガン、ストールなどを持っておくと便利です。

 

お宮参りのお父さんの服装

お宮参りのお父さんの服装はスーツを着用するのが一般的です。

赤ちゃんとお母さんが和服の場合は、フォーマルなブラックスーツを選び、赤ちゃんが

セレモニードレスなどの場合は、ダークカラーのスーツを選びます。

 

春夏用のスーツやオールシーズン用のスーツを選び、背抜き仕立てや半裏仕立てのもの

は夏用におすすめです。

また、ジャケットはお参りの時、記念撮影の時などの必要なタイミングで羽織るように

します。

それ以外は、半袖のワイシャツで過ごしましょう。

 

 

夏のお参りで気をつける亊

●赤ちゃんの脱水症状に気をつける

赤ちゃんは大人よりも体内の水分量が多いです。

大人は60パーセント程度の水分量に対して、赤ちゃんは70パーセント~80パーセ

ントほどが水分であるとされています。

 

水分が適量に保たれていないと、体に大きな変化が現れ脱水症状になります。

そのため、赤ちゃん用の飲み物を用意したり、お母さんは授乳しやすい恰好にするなど

の対策を行いましょう。

 

●日差しに気をつける

涼しい恰好をしていたとしても、強い日差しに長時間当たっていると熱中症を起こして

しまう可能性があります。

神社にベビーカーを持ち込める場合は、赤ちゃんをベビーカーに乗せ日よけカバーを使

って日差しから守りましょう。

●着替えを用意しておく

夏場だと赤ちゃんは特に汗をかいてしまいます。

汗で濡れた状態だと冷えて風邪をひかないように、肌着を数枚用意し、こまめに着替え

させてあげましょう。

 

また、赤ちゃんだけではなく産後のお母さんも体を冷やすのはよくないので、お母さん

の着替えも用意しておくと良いでしょう。

 

お宮参りに行くべき時期

一般的には1ヶ月前後ですが、体調や気候によっては難しい可能性もあります。

生後3ヶ月後ぐらいまでなら日程をずらしても大丈夫といえます。

生まれたばかりの赤ちゃんや産後のお母さんにとって真夏と真冬の外出は過酷なものです。

気候が落ち着いた頃を見計らって、お宮参りの時期を決めましょう。