のりぴーの徒然日記

貴方のお悩み事や知りたいことを独自の視点で分析します!

お昼寝しない子供の寝かしつけ方と注意点!

子供には何故お昼寝が大事なのか?という点になりますが、それは年齢によっても大き

く変わってくる事が分かっています。

 

お昼寝の重要性とは?

お昼寝は成長のために、大変重要であることが分かっているのです。

小さな子供は体力がまだ十分ではないので、お昼寝をする事によって回復しています。

寝ている間にメラトニンというホルモンが分泌されます。

 

メラトニンというホルモンは成長の手助けに大事な物質で免疫力の向上にもなります。

そして、このメラトニンは幼児期にとても多く分泌されるものなので、幼児期のお昼寝

は、とても重要な役割を果たしているという事が明らかです。

 

幼児期に必要な睡眠時間は1日に10時間から14時間と言われています。

10時間以上の睡眠を取れているのであれば、何ら心配する心配する必要はありませ

ん。

 

お昼寝をしない子供

0歳の頃から寝るのが苦手な子もいます。

そういった子は、お昼寝もなかなかしたがらない事が多いです。

お昼寝がスムーズにできない理由には、日中に疲れていないという事があります。

 

家の中で体を動かさない遊びをしていると、疲れずに体力が余っていてお昼寝ができな

い原因になるのです。

そのため日中はできる限り外に出て太陽の日を浴びて、たくさん体を動かす遊びをする

と疲れて眠りやすくなります。

 

 

何歳までお昼寝は必要?

生後6ヶ月まではお昼寝という時間はなく、1日寝ている時間が多くなります。

生後6ヶ月頃を過ぎると昼と夜を認識するようになってきます。

そうして午前と午後に、お昼寝をするようになるのです。

 

これが1歳を超えてくると午前のお昼寝がなくなり、午後にお昼寝をするようになります。

2歳までは1歳と同様に午後のお昼寝をする子供が多いと思います。

1歳や2歳の子供の最適なお昼寝の時間は、1時間半から2時間程と言われています。

 

しかし、長くお昼寝をする事で夜なかなか眠れなくなる子がいます。

そういった場合には、お昼寝の時間を短くするなど、状況に合わせて調節していきま

しょう。


そして、3歳になるとお昼寝をしない子供も多くなってきます。

保育園に通っている子供はお昼寝の時間が設けられていますが、保育園に通っていない

子は、通っている子と比べれば疲れる事が少ないため、なかなかお昼寝ができないケー

スが多くなってくるのです。

 

3歳の最適なお昼寝の時間は、1時間程度で十分になります。

少しのお昼寝でも体や脳を休める事ができてくるのです。

そして4歳、5歳になるとお昼寝をしない子が殆どとなります。

 

幼児期のお昼寝はとても重要だという事がお分かりいただけたと思いますが、幼児期を

過ぎると子供によって寝る子と寝ない子の個人差があったり、保育園に通っているか、

いないかでも変わってきます。

 

お昼寝ができないのであれば、夜に寝る時間を早くするなどして、1日の取るべき睡眠

間をしっかり確保してあげることで対処しましょう。

 

寝ない子供の寝かし付け方

  1. 寝やすい環境作り

部屋の温度と明るさを調節しておきます。

暑すぎたり寒すぎると体調を崩してしまうので、温度計を見て調節しましょう。

そして部屋は薄暗くした方が眠りにつきやすくなります。

 

  1. お昼寝前にテレビなどの画面を見せない

テレビや携帯のブルーライトは、脳が刺激され睡眠の質の低下に繋がると言われてい

ます。

そのため寝つきが悪くなったり眠りが浅くなるので、テレビ画面などをお昼寝の前に

せるのはやめましょう。

 

  1. オルゴールをかける

優しくゆったりしたオルゴールを流すとリラックスします。

子守歌でも同様のリラックス効果が期待できます。

心地よい音でリラックスする事によって入眠しやすくなるのです。

そしてオルゴールには周波数の関係でホルモンの分泌や、免疫力を高める効果があると

言われています。

 

  1. 無理やりお昼寝を押し付けない

お昼寝を嫌がる時は、無理に寝かし付けをする必要はありません。

あまり疲れていない日は仕方ないと思って子供に合わせてあげる事も大切です。

 

  1. 添い寝

人の体温や、心音に子供は安心して眠りやすくなります。

従って、添い寝をして子供の呼吸と同じタイミングで寝息を囁(ささや)いてあげると

眠気を誘われて寝やすくなります。

 

  1. 子供に触れる

呼吸に合わせてトントンをしたり、手を握ったり、頭を撫でたり触れてあげる事で安心

するので眠りにつきやすくなります。

 

  1. 生活リズムを整える

生活リズムが狂っていると夜寝る時間が遅く、朝起きるのも遅くなりお昼寝がうまくで

きない事に繋がってしまいます。

夜の寝る時間、朝起きる時間をしっかり決めて毎日できる限り同じ時間で寝る事ができ

ようになると、お昼寝の時間も決まってきます。

 

 

幼児期のお昼寝の注意点

 

・うつぶせ寝

小さい子供がうつぶせで寝ていると窒息死や乳幼児突然死症候群SIDS)という突然死

を引き起こしてしまう可能性があると言われています。

 

しかし乳幼児突然死症候群の原因は、はっきりとわかっている訳ではありません。

ですが、うつぶせ寝になっている時の方が、発生率が高い事が分かっています。

そのため子供がうつぶせ寝になっていないかを注意して見ている事が大切です。