のりぴーの徒然日記

貴方のお悩み事や知りたいことを独自の視点で分析します!

ワンオペ育児のお母さんのためのワンオペお風呂に入れるやり方や便利グッズ

赤ちゃんを一人でお風呂に入れる事は少し難しい事ですが、ワンオペ育児のお母さんのためにワンオペお風呂に入れるやり方や便利グッズをご紹介します。

 

ワンオペお風呂であらかじめ準備しておく物

お風呂上りに必要な物を脱衣所に用意しておきましょう。

赤ちゃん用のタオル、オムツ、肌着、服、スキンケアグッズ、お母さんのバスタオルは

しっかり用意しておきましょう。

 

赤ちゃんがお風呂から上がった時に着る服を、座布団や分厚くしたバスタオルの上にベビーウェアと肌着を重ねて置き、さらに上からタオルを置いておきます。

そうしておくと、上がった時にその上に乗せて体を拭いた後スムーズに服を着せる事ができます。

 

新生児の赤ちゃんワンオペお風呂の入れ方

ベビーバスを使う際は、ベビーバスにあらかじめお風呂を溜めておきます。

近くにボディーソープや体を洗う物、綺麗な水を溜めたバケツを用意しておきましょう。

 

そして、首をしっかり支えながらお風呂に入れていきます。

赤ちゃんを洗い終わったら脱衣所に用意しておいたタオルで体を拭き、服を着せます。

 

お座りできるまでの赤ちゃんワンオペお風呂の入れ方

・赤ちゃんが脱衣所で待っているケース

脱衣所に分厚く敷いたタオルの上に寝かせておくか、バウンサーに置いておきます。

赤ちゃんの姿が見えるぐらいに、ドアは開けておきましょう。

 

そして、お母さんが先に体を洗います。続いて赤ちゃんをお風呂に入れて洗います。

洗い終わったら上がる時に、赤ちゃんをタオルの上かバウンサーに置き、タオルで包みます。

お母さんは体を拭き、服を着替え終わると赤ちゃんにも服を着せて終わりです。

 

・赤ちゃんと一緒に入るケース

まずは、赤ちゃんを洗い終わるとお風呂場に敷いておいたマットの上に寝かせておき、

お母さんも素早く体を洗います。

そして、お風呂に一緒に浸かります。

 

お風呂から上がる時は、マットに赤ちゃんを寝かせてお母さんが素早く体を拭き、服を着ます。

最後に、赤ちゃんの体を拭いて、服を着させて終わりです。

 

かまり立ちをするまでの赤ちゃんワンオペお風呂の入れ方

先にお母さんが体を洗います。その間は赤ちゃんをお風呂場でバスチェアなどに座らせておきます。

もしくは、脱衣所でバウンサーなどに乗せて待たせておくか、お母さんのやりやすい方で選びましょう。

 

お風呂から上がると、まずは赤ちゃんをバスチェアかバウンサーかもしくは、脱衣所の床に座らせておきます。

お母さんは先に体を拭き、服を着替えます。

次に赤ちゃんの体を拭き、服を着替えさせると終わりです。

 

ワンオペお風呂の便利グッズをご紹介

・ひんやりしないおふろマットR(リッチェル)

この商品は、新生児の赤ちゃんから使う事ができ、生後6ヶ月頃まで使用できます。

このマットに寝かせながら新生児の赤ちゃんも洗う事もできるので、片手で洗いにくいといった事も解消され、お母さんがお風呂に入っている間、待たせておくマットとしても使えます。

 

ワンオペお風呂グッズとしてはとても便利な物です。

この商品は、発砲ポリプロピレンという素材でできており、ひんやりしません。

この素材の特徴は、他に軽さと水はけの良さがあります。

そして、赤ちゃんの体にぴったりフィットする形をしています。

 

・ふかふかベビーチェアR
この商品は、ビニール素材で空気を入れ膨らませて使うベビーチェアになります。

7ヶ月頃から2歳頃まで使用する事ができます。

そしてこちらは赤ちゃんが前に倒れにくい構造になっているので、安心して座らせる事ができます。

 

また、ストッパーが付いているので、足で押さえる事によって抱き上げる時にチェアが一緒についてくる事がありません。

さらに、空気を抜くと小さく折りたためてコンパクトになります。

 

・滑り止めマット

浴室はとても滑りやすいので、滑り止めマットを敷いておくと安心できます。

 

・お母さんのバスローブ

ワンオペお風呂では、お母さんは素早く体を拭き服に着替える事が大事です。

そんな時にバスローブがあれば、羽織るだけで良いので素早く赤ちゃんのお着替えにうつる事ができます。

 

お風呂に入れる際の注意点

・お風呂の温度

赤ちゃんをお風呂に入れる時の夏場のお湯の適温は38℃くらい、冬場のお湯の適温は40℃くらいなので設定しておきましょう。

熱いお湯が赤ちゃんにかかってしまわないように注意しましょう。

 

・顔が水に浸かってしまわないように気を付ける

首を片手で支えながら作業をするのは手が疲れてしまいますが、背中側を洗う時などは、顔が水に浸かってしまわないように気を付けましょう。

 

・お風呂に入っている時間

赤ちゃんに負担をかけないように、体を洗っている時間を含めて10分以内で終わらせるようにしましょう。

 

・目を離さない

子供は5センチの水でも溺れてしまいます。

そのため、お風呂場で赤ちゃんから目を離すような事にならないようにしましょう。

 

・水分補給

赤ちゃんもお風呂上りには、しっかり水分補給をしてあげてください。

授乳中の赤ちゃんには、母乳やミルクをあげましょう。

 

・水量

赤ちゃんが浴槽で滑ってしまう危険性を考慮し、1番少ない水の量でお風呂を溜める事をおすすめします。