のりぴーの徒然日記

貴方のお悩み事や知りたいことを独自の視点で分析します!

スマホを子供に持たせるとしたら何歳から?メリット・デメリットと注意点!

子供にスマートフォンを持たせる事は、防犯や連絡手段として便利に役立つので、

子供にスマホを持たせる親は増えてきています。

 

しかし、スマホを子供に持たせる事はメリットもあれば、デメリットもあります。

ただ、今の時代は昔に比べると携帯を持つ年齢が早くなってきています。

年齢が低いお子様に携帯を持たせるのならば、安心できるキッズ携帯がおすすめです。

 

キッズ携帯なら、できる機能が限られており連絡を取ったり居場所を確認したいという事であればキッズ携帯で十分です。

子供にスマホを持たせるのはいつからが適切なのかを考えてみましょう。

一般的には、小学5・6年生からスマホを持つ子供が多い事がわかっています。

 

子供にスマホを持たせるメリット

■勉強の役に立つ

勉強でわからない事があればネットですぐに検索する事ができるので、勉強でも役立ちます。

スマホを使っているうちに、ひらがなや漢字、言葉も覚えていくようになります。

 

■連絡が取りやすい

急ぎの連絡が取れやすくなったり、送り迎えの際に、居場所確認ができてお母さんは安心できます。

 

■防犯

GPS機能や電話で居場所を把握する事ができたり、何かあった時に子供がスマホを使って親に電話する事ができるので、防犯上でも役立ちます。

 

■GPS機能

GPS機能によって子供の居場所を確認する事ができます。

離れている所でも使えますが、ショッピングモールなどで迷子になった時にも役立ちます。

 

■コミュニケーション

お家にいても友達同士で、メールやラインを使ってコミュニケーションを取る事ができます。

家族の間で、直接言いにくい事などあってもメールやラインを使って伝える事ができる場合もあります。

 

 

子供にスマホを持たせるデメリット

■視力低下

スマホの長時間の使用は、ブルーライトをたくさん浴びてしまうため、視力が落ちてしまいます。

また、悪い姿勢でスマホを触るのも視力低下に繋がります。

 

近年では、スマホ老眼というのが問題になっています。

スマホの画面を長時間見続ける事で、近くの物のピントが合わなくなってくる事を言います。

これを続けると、大人になって早く老眼になりやすいと言われています。

 

そのため、スマホの使用は休憩する時間をこまめに取りましょう。

最近では、ブルーライトを何パーセントかカットしてくれるような、画面に貼るフィルムも売っているので、そのようなフィルムを使用するのもおすすめです。

 

■SNSトラブル

SNSのトラブルは、近年でもたくさん話題になっています。

お母さんたちの知らない所で、顔を合わせた事のない人たちとSNSを通じて簡単に知り合えてしまうので、危険なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

 

それだけではなく、友達同士でもSNSでのトラブルが原因で、いじめの問題に繋がるようなニュースが多くあります。

SNSのトラブルは、お母さんも注意して気にかけておく必要があります。

 

■依存症

スマホをごはん中やお風呂中、寝る前など、どこでも常に触ってしまうようになり、

スマホ依存症へ繋がってしまう可能性があります。

大人と違い、自制心がまだあまりないため依存症になりやすいのです。

 

■勉強への支障

スマホばかり気になって触ってしまい、勉強がはかどらなくなる事があります。

友達からのメールやラインが気になってしまったり、スマホゲームに夢中になってしまうと、成績にも影響が出始めてしまいます。

 

■費用

子供が友達との通話を長時間してしまうと、高額な通話料金の請求がきてしまいます。(最近は通話料を抑えるオプションなどもあります。)

また、ゲームアプリに夢中になってしまい、知らない間にゲームアプリへの課金をしてしまっている事もあります。

 

そのような事があった場合は、親が責任を持って対処しなければいけなくなります。

通話は何分までと決めておいたり、課金の制限を設定しておきましょう。

 

■有害サイト

子供が間違って有害サイトへアクセスしてしまったり、有害アプリを取り込んでしまう事があります。

そして、多いのがワンクリック詐欺です。

 

広告を何気なくクリックしてしまうと、「会員登録しました!入金してください」などの文字が出てきてしまい、焦ってサイト側に何かアクションを取ってしまうと詐欺被害にあってしまう可能性が高くなります。

 

しっかりと子供とこういった場合の対処法を話し合っておくと良いでしょう。

このような事を未然に防ぐためには、フィルタリングの設定を行っておきましょう。

 

 

注意すべき事

■ルールを決める

ルールは、初めに決めておく事が大切です。

スマホを使うのは「何時まで」だったり、アプリをダウンロードするのはお母さんの許可を得てから、だったりと細かなルールなど初めに決めておきましょう。

このようなルールを決めておく事で、スマホ依存症への可能性も低くなります。

 

■フィルタリング

有害サイトに飛べないように初めに、お母さんがフィルタリング設定を行ってあげましょう。

 

GPSを付ける

子供のスマホの居場所を、お母さんの携帯で確認できるように、必ずGPSの設定を行っておきましょう。